今度は「ご当地検定DS」だそうです。

 ニンテンドーDSには「脳を鍛える~」などの教養ソフトが多いようである。おそらく、ゲームに対する否定的な意見(「ゲーム脳」のような)に対する対抗策の面もあるのではないでしょうか。その意図がどうであれ、面白そうなことにはかわりないですが。
 今度スパイクから発売される『ご当地検定DS』では、地方の祭りや名所、名産品、銘菓などの問題を、47都道府県合計で5000問収録している。また、実際に各都道府県の方々に協力いただいて収録した『方言ボイス』を 940例収録し、方言を学ぶこともできる。加えて、すごろくやシルエットクイズなどのミニゲームを多数収録しており、通信機能を生かして遊ぶこともできるとのことです。
 現在、『ご当地検定』サイトではご当地クイズの体験版を遊ぶことができます。選べるのは6都道府県のみとなっている。私も早速やってみましたが、自分の地元のクイズは5問中4問正解と、まずまずの結果であった。しかし、他の県になるとなかなか難しい。「東京の南にある島を選べ」といわれても良くわかりませんし。やはり、自分の地元のようには行かないものである。また、おばあさんがマスコットキャラクターみたいな感じで上の画面にいるのだが、のどかな顔だったのが突然目をむいたり、気合の入った表情になったりするのがユニークです。問題数は少ないが、なかなか楽しめる体験版だと思います(ナローバンドでもさほど問題なく遊べます)。
 体験版とサイトを見た限りですが、なかなかにユニークな内容で、日本に愛着がわくような内容のゲームであると感じました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック