サムライ達の行く末は何処か。

 アニメ「サムライ7」の最終回を見た。
 今年の春に、新聞のテレビ欄の下に紹介文が載っていたのをたまたま見たのがきっかけで、毎回見るようになった。
 この作品は、黒澤明監督の「七人の侍」をモチーフにしたSFアクションで、優れた機械文明と文明の匂いを感じさせない農村世界が共存する世界で物語が展開するものである。
 最終回を見て、非常に寂しいというか、切ない気持ちになった。
 農民たちは自分たちの居場所を勝ち取り、土がある限り土とともに淡々と生き続けるのだろう。しかし、サムライ達はいったい、どこへ行くのだろうか。自分たちの存在が既に、時代から取り残されたものであることを十分に知りながら。
 サムライ達は自分たちの望む居場所である戦場を駆け抜け、ウキョウも自分の望んだ地位を手にいれ、自分の好きなように振舞ったけれども、結局最後まで満たされることが無かったという点では、サムライたちもウキョウも同じだったのかもしれません。
 生き残ったサムライのあるものは更なる戦場を求めて旅立ち、あるものは自分の刀を手放し、いずこかへと去った。彼らの行く末に、何らかの未来や希望はあるのだろうか。それとも、それらを既に捨てた(諦めた)存在が、この作品世界のこの時代での「サムライ」なのだろうか。
 ただ死んだサムライたちは、自分たちが命をかけて守り通した村の土の下で、静かに眠り続けるのみである。
 ともあれ私にとっては、作品世界に思わず引き込まれた、近年稀な作品であったことは間違いない。

サムライ7公式サイト

サムライ 7 GONZO THE BESTシリーズ 第1巻


サムライ 7 GONZO THE BESTシリーズ 第1巻 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 黒澤明 『七人の侍』

    Excerpt: ”七人の侍”を含む記事にTBさせていただいております。ご迷惑でしたら削除してくださいませm(_ _)m。ご存知、『七人の侍』はアクション超大作!などと紹介されることが多いですが...何度も観ると、この.. Weblog: 黒澤明 監督映画 ~黒澤明 監督の映画を観直そう~ racked: 2006-11-29 22:02