そういえばもうK1決勝戦である。

 今日12/2、K1グランプリの決勝戦が開催される。

【K-1】12・2前日会見 バンナら出場全選手、K-1頂点目指して意気込む(livedoorスポーツ)

 もともと10数年前から格闘技ファンだった私だが、近年はその熱も冷めてきて、K1グランプリがあることもすっかり忘れる始末だ。
 昔は格闘技と言うと、個人的に、世の中一般の価値観から外れた人間たちが活躍できる貴重な場所というイメージを持っていたが、最近では選手がファッションモデルをやったり、すっかり一般受けするようになった。それは同時に私にとっては、少しづつ格闘技に距離を感じる原因にもなっている。
 それでも、K1は確かにハイレベルで魅力的な舞台であることに変わりはないと思う。特別思い入れのある選手はいない(強いてあげればホースト、グラウベ)が、誰が優勝してもおかしくないのではないだろうか。私には予想がつかない。



アンディ・フグ・ザ・ヒストリー ~K1最強ファイターの記録~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック