アニメ「妖逆門」(ばけぎゃもん)が最終回

 以前からちょくちょく見てきた、月曜6時からのアニメ妖逆門」(ばけぎゃもん)が最終回を迎えた。
 個人的にはこのアニメ妖逆門」は、特に終盤になるにつれて登場人物の影の部分があらわになってきて、気になったので、録画するなどしてできるだけ欠かさず見てきた。まあ基本的には子供向けの内容のアニメだとは思うんですけど。
 ただ、やはり最終回は別れの寂しさを感じさせる、切ない内容だったように思う。時の移り変わりは、嫌でも感じざるを得ないということだろうか。私としては、前向きな気持ちよりも切なさを強く感じてしまった。そう感じるのは、私が年をとったせいかもしれないが。
 でも、そういう余韻を感じさせてくれる最終回ということは、「妖逆門」はアニメ作品としては優れた終わり方をしたとも思える。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック