雪や氷でデータセンターのサーバーを冷やす研究

北海道で、冬に貯めた雪や氷をデータセンターのサーバー冷却に利用するという研究が始まっているとのこと。

データセンターでは、サーバーの冷却に4割以上の電力を消費しているそうで、また日本全体の電力消費量では約5%(2006年)を占めているとのこと。

今後は高速回線が普及するのに伴い、その電力消費はさらに増えると予測されていることもあり、北海道の(良くも悪くも)特徴である冬の雪や氷を資源として活用できるか、興味深い取り組みです。

私なんぞはのんきにパソコンでネットをやっていますが、知らないところで環境に負担をかけていることを、考える必要もあるかもしれない、と感じました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0