バイオ燃料の道は開けるか?

北海道で大成建設とサッポロビールが共同で、稲わら等からバイオエタノールを製造する実証事業を行うとのこと。

北海道では(もちろん、北海道だけではないですが)他の企業もバイオ燃料製造に取り組んでいますが、ただ燃料を作るだけでなく、例えば連作障害を防ぐための輪作の都合でどうしても余るてんさいを原料にしたり、米を原料にすることで水田を耕作放棄地にしないといった具合で、農業事情ともうまくマッチングさせようと試みているようです。

ただ食料を燃料作りに回すのではなく、食べ物以外の材料を使ったり、また農業の現状とうまく合わせた取り組みができれば、バイオ燃料は存在感を増してくるのではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0