ハザードマップはどこにあるのか?

北海道が2008年度からの2年間で、道内の日本海沿岸の津波予測図を作成するとのこと。

日本海側で数箇所、震源になりそうなところを決め、大地震(最大30mの津波が発生した、北海道南西沖地震と同じクラス)が起きたときに津波で浸水する地域を図示した地図を作るそうです。

津波も含めて、自然災害が起こったときの被害予測を図示した「ハザードマップ」が、地方自治体によっては作成されているようですが、そういえば私の住んでいる地域では、ハザードマップは見たことがありません。

最近起こっている大地震のニュースを見聞きすると、やっぱり自分の住んでいる地域のハザードマップは、確認したい気持ちになります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0