古着からバイオエタノールができる?

先日、テレビで「ワールドビジネスサテライト」(WBS)を見ていたら、食料以外の廃棄物から作られる「第2世代バイオエタノール」の特集をやっていました。

その特集によると、第2世代エタノールは、世界各国で研究・開発が行われているそうですが、日本では

・豆腐のおから
・じゃがいもの皮
・古着の綿
・ペーパースラッジ(紙を作るときに出る泥状のもの)
・稲わら・麦わら

などからバイオエタノールを作る研究が進められているそうです。


バイオエタノール以外にも、てんぷら油からバイオディーゼル燃料を作り、実際に建設機械に使用する取り組みも日本ではされているそうで、これらのように有効な用途がなかなか無かった廃棄物から燃料を作るというのを聞くと、(稲わら・麦わらのときもそうでしたが)個人的には何かワクワクさせられるものがあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0