大手のビールメーカーが、バイオエタノール製造に関わっているとのこと

ビールの有名大手メーカーが、バイオエタノール製造事業に積極的に関わっているそうです。

例えばアサヒビールは、沖縄で高バイオマスさとうきびの絞りかすからバイオエタノールを製造する実証試験を行っているとのこと。

キリンビールは、北海道の清水町に建設されるバイオエタノール製造プラントの建設を受注し、現在効率的な製造方法を研究しているそうです。

サッポロビールは

・じゃがいもの皮とおからからバイオエタノールを作るプラントを、静岡の企業に提供
・大成建設と共同で、稲わらからバイオエタノールを作る研究を開始
・タイへの、バイオエタノール製造技術の技術移転に参加

など、複数の事業を手がけているそうです。


ビール会社には長年培われた発酵技術があり、それがバイオエタノール製造に生かされているそうです。

個人的にはビールメーカーとバイオ燃料がどうして結びつくのか?と思っていましたが、ちゃんと技術的背景があってのことで、実は合理的な取り組みだというのが、正直意表を突かれたというか、新鮮な気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0