砂糖作りの廃棄物が肥料になる?

北海道・十勝の企業が、てんさい(ビート)から砂糖を作る過程で出る廃棄物ライムケーキ」を原料とした土壌改良剤「粒状ライムを開発したとのこと。

これは粉末状のライムケーキを、散布時にムラが出ないよう粒状にしたもので、価格は石灰資材より4割ほど安く、またアルカリ分のほかに窒素・リン酸・カリ等といった肥料分も含んでいるそうです。


私の家でも、ささやかながら家庭菜園をやっているので、価格が安く肥料分も含むという「粒状ライム」が、ホームセンターなどでも販売されることを期待したいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0