廃船解体作業を、途上国から北海道・室蘭に移す試み

現在は発展途上国に集中している世界の廃船解体作業を、北海道の室蘭でリサイクル事業化する取り組みが始まっているそうです。

人件費が安いことから、バングラディシュ等に世界の90%の廃船解体作業が集まっていますが、アスベストの飛散や廃油処理に対策がなされていないなど、労働者の安全、また環境への影響についてはかなり悪い状況とのこと。

この廃船解体・スクラップのリサイクル作業を室蘭で行うことで、途上国の労働条件や環境汚染の改善、また室蘭の活性化を図る狙いだそうです。

ちなみにこの事業は、政府が進める「地方の元気再生事業」に採択されたとのことです。


途上国の環境改善もさることながら、室蘭は鉄鋼と造船のまちであるので、その特色を生かした、なかなか画期的な取り組みに感じられます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0