カニ殻のキトサンを利用して骨が再生?

北大医学部や北海道曹達などでつくる研究グループが、カニの殻に含まれるキトサンを利用してを再生する技術を開発したとのことです。

この研究では、キトサンとハイドロキシアパタイト結晶を合成した物質に、の再生を促すたんぱく質を加えてラットの皮膚に与えたところ、4週間後に皮膚にが形成されたそうです。

医療での実用化は2010年を目標としているとのことで、まだ先のことですが、歯槽の再生や、のがん治療にも利用が考えられているそうです。


どんなの再生でも可能なのかまでは、わかりませんが、この技術が実用化され発達すれば、(素人考えでは)の治療技術は相当進むのではないかと思われるので、今後の動向には是非とも期待したいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0