バイオガスをボンベに充填、普及が進むきっかけになるか?

北海道で、家畜の糞尿などから作られるバイオガスを濃縮し、ボンベに詰めて工場で利用する実証実験が行われているそうです。

バイオガスは、牧場のプラントで食品廃棄物や家畜のふん尿を発酵させて作られますが、メタン濃度が低いことから、使用には専用のボイラーが必要であり、牧場内のみの使用に限られてきたとのこと。

しかし今回の実証実験では、バイオガスを濃縮してメタン濃度を高め、ボンベに充填することで、牧場外の工場に運搬して、燃料として使用することが可能になったとのことです。


一般にバイオガスが普及するには、まだ実証実験を積み重ねる必要があるようですが、食品廃棄物や家畜の糞尿を有効利用でき、また価格もLPガスより安いとのことなので、ぜひ普及が実現してほしいところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0