肥料を半減できる散布装置?

井関農機と農業・食品産業技術総合研究機構が共同で、農薬や肥料の散布量を削減できる散布装置を開発したとのこと。

これは、畝の成形機と一緒になっているもので、畝を成形しつつ畝の中央のみに農薬や肥料を施すことができるそうです。

実際に日本全国で栽培試験を行った結果、肥料を3~5割減らしても収量は維持もしくは増加し、また農薬を減らしても効果は減らないなどの結果が出たとのことです。


私の住んでいる地域では、肥料価格が一気に7割以上値上がりしているので、このような肥料施用の効率化の工夫は、今後も進むのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0