普通の家庭ごみからバイオエタノールを生産?

イギリスの化学大手・イネオス社が、都市ごみからバイオエタノールを生産する事業を、2年以内に商用化する計画だと発表したとのこと。

イネオス社のプレスリリースや日本でのニュース記事などを読むと、どうやら一般的な家庭ごみ(紙や生ごみ、プラスチックなど)を原料として使用できる・・・ような雰囲気です。
(※正確には確認していません。)

イネオスの技術は、ごみを加熱してガス状にした上で、嫌気性細菌でバイオエタノールを精製する、というものだそうです。


普通のごみバイオエタノールの原料にできるのなら、かなり優れた(というか、夢の?)技術なのではないでしょうか。

まあ、家庭から出るごみの量を極力減らすような努力が、まず必要かもしれませんが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0