日立とGEが、共同出資会社で中型原子炉を開発中とのこと

日立とGEが、両社の原子力発電事業を統合した共同出資会社「日立GE・ニュークリア・エナジー」で、新興国向けに中型原子炉を開発しているそうです。

日立とGEでは、従来も出力130万kW以上の大型原子炉を手がけていますが、開発中の中型原子炉は出力100万kW以下とのこと。

新興国では電力網などがまだ十分に整備されていないため、通常の原子炉より小型な中型原子炉の需要が高まっているそうです。


原子力発電と聞くと、正直安全性の面でいいイメージはありませんが、日本でも既に、原子力発電が重要な役割を担っているのは、現実問題として確かなので、複雑な気持ちになります。

(いくら安全維持に力を入れていると言っても、事故が起きたときのリスクが大きすぎるのではないだろうか。)

私としては、せめて日常生活の中で、できるだけ電力消費を少なくするよう心がけるしかないですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0