トヨタが電動立ち乗り二輪車「ウィングレット」を開発中

トヨタ自動車が、ソニーから電動立ち乗り二輪車の技術を取得して、体重移動のみで操縦が可能な自社製立ち乗り二輪車「「ウィングレット」を開発しているそうです。

同種の電動立ち乗り二輪車では、「セグウェイ」が有名ですが、トヨタの「ウィングレット」では大きさや重さを小型化。

プレスリリース等を見ると、トヨタでは「ウィングレット」を「パーソナル移動支援ロボット」と銘打ち、空港やショッピングモール内での移動手段、また子供の遊び道具やお年寄りの移動手段での利用を考えているとのことです。


「セグウェイ」は100万円ほどするそうですが、トヨタの「ウィングレット」がより安価で手の届きやすいものとなることを期待したいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0