携帯電話のリサイクル(再資源化)台数が減少傾向

再資源化にまわる古い携帯電話端末の台数が近年減少していて、2007年度の携帯電話端末のリサイクル台数は約644万台と、2001年度(平成13年度)の約1300万台の約半分まで落ち込んでいるとのことです。

電気通信事業者協会などの調べ等によると、これには、思い入れのある端末を手元に残したかったり、目覚し時計やデジカメとして活用、また古い端末のデータ(着メロなど)を保存するため、などの理由があるとのことです。


携帯電話の本体からは、金や銀などの希少金属が回収できるそうですが、その作業にもエネルギーが必要となるわけですから、端末本体を電話以外に利用できる用途があるなら、それも別に良いのではないか、と個人的には思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0