ゾウガメ「孤独なジョージ」に子供ができるか?

ガラパゴス国立公園の管理局が7月21日に発表したところによると、ガラパゴス諸島のビンタ島に1匹のみ生存している亜種のゾウガメロンサム・ジョージ」(孤独なジョージに、繁殖の可能性が出てきたそうです。

ジョージは推定年齢が60~90歳で、これまで繁殖の試みがなされてきたものの、高齢のためか関心を示してきませんでしたが、最近になってペアリングされている雌と巣をつくり、その巣の中に卵3個が産み付けられているのが発見されたとのことです。

この卵が実際に孵化するかどうかは、4ヶ月ほど様子を見ることが必要とのこと。


ガラパゴス諸島のゾウガメは、人に対して無警戒であったため乱獲され、絶滅の危機に瀕しており、現在は飼育・繁殖の試みが続けられているそうですが、「孤独なジョージ」にも無事子供ができることを願いたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0