宇宙最初の星の誕生がシミュレーションで明らかに?

名古屋大学とハーバード大学の研究チームが、宇宙誕生後に最初にが生まれた状況を、スーパーコンピューターで再現したとのこと。

この研究では、ビッグバン後の宇宙初期の物質密度のムラをコンピューターでシミュレーションした結果、暗黒物質の中でガスの圧力が高まり、が誕生する様子が確認できたそうです。

これは、宇宙誕生(137億年前)から約3億年後のことと考えられているとのこと。


宇宙に関する研究の話を見聞きすると、その数字のスケールの大きさに、なにか呆然とする思いがします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0