日本人の2型糖尿病発症に関わる遺伝子

日本の2つの研究グループが、日本人の糖尿病発症と強い関係がある遺伝子を特定したとのこと。

研究グループは厚生労働省の「ミレニアムゲノムプロジェクト糖尿病チーム」と理化学研究所の「理研ゲノム医科学研究センター内分泌代謝疾患研究チーム」で、それぞれがほぼ同時期に、遺伝子「KCNQ1(ケ―シ―エヌキューワン)」の塩基配列が1ヶ所異なる場合、2型糖尿病の発症率が高まる、との研究結果が出たそうです。

アジア人で2型糖尿病に関係する遺伝子が発見されたのは、今回がはじめてとのことです。


今回の研究結果が、糖尿病の新たな治療法や予防法の開発につながることを、期待したいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0