野菜は光の色によって育ち方が変わるらしい

農林水産省は来年度から、任意の色の光を作り出せるLEDを活用して野菜を育てる研究に取り組む方針だそうです。

例えば、トマトに赤い光を当てて育てると収穫量が増え、同じくほうれん草に赤い光を当てて育てると、ビタミンCの量が増えることが既に明らかになっているとのこと。

来年度からの研究では、このような光の色の効果についてさらに掘り下げて、最終的にはマニュアルにまとめる予定とのことです。


感覚的には、普通に太陽の光で野菜を育てるのが一番いいような気がしますが、この研究でどのような成果が得られるのか、興味があるのも確かです。


PR:オリゴノール 地銀ATMが24時間稼働 小学生に散歩計 エレベーターの防災用品 国内最大級のなまこ養殖

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0