日本のたんす預金は総額30兆円?

日本銀行が試算したところ、日本のたんす預金の総額は、約30兆円と推測されるそうです。

これは、千円札と一万円札の流通量の変化を比較して算出したもので、一万円札の流通量の伸びが、千円札よりも急激になっていることから、一万円札の増加分がたんす預金になっていると考えられるとのこと。

背景には、90年代半ばの金融システム不安や、現在まで続く預金の低金利などが考えられているそうです。


でも、お金を手元に置いておくのも、それはそれで不安になることもありそうです。
(泥棒に入られないか、とか)

PR:コンビニのCO2削減策

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0