CD「映像のための音楽 ~平沢 進サウンドトラックの世界」のレビューページを作成

今回は、平沢進氏のCD「映像のための音楽 ~平沢 進サウンドトラックの世界」のレビューページを作成しました。

CDアルバム「映像のための音楽 ~平沢 進サウンドトラックの世界」のレビュー

以前から平沢氏の作品に興味を持っていましたが、某動画サイトである曲を聴いてから、どうしても他の作品を聴いてみたくなり、価格が手ごろで内容も入門向けと評されている「映像のための音楽」を、2012年2月に購入してみたものです。

曲を聴いてみると、ゲーム音楽のように同じフレーズが何回も反復されますが、音と歌は重厚でスケールが大きく、単調さを感じさせずに作品に浸らせるエネルギーに満ちている、という印象で、やはり魅力は強いと感じます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0