コミック「極黒のブリュンヒルデ」第1巻のレビューページを作成

今回は、コミック「極黒のブリュンヒルデ」第1巻のレビューページを作成しました。

コミック「極黒のブリュンヒルデ」第1巻のレビュー

先に全巻を購入して読んだ「エルフェンリート」が非常に面白かったので、今回は単行本第1巻の発売日を確認しつつ、直ぐに購入しました。

「エルフェンリート」では、ストーリー展開に連載作品ならでは?のアドリブも感じられましたが、作者の方のあとがきによると「極黒のブリュンヒルデ」では既に話の全体像がほぼできているとのことで、少なくとも今回の第1巻を読む限りでは、確かに話の展開がかなり丁寧・緻密に作られている、という印象を受けました。
(各話が継ぎ目無く繋がれているページ構成からも、作品の完成度を高めようというこだわりが感じられる)

また、非常に深刻な状況に置かれている登場人物が多いものの、不自然にならない程度にコミカルな描写もされており、読んでいてさほど暗い気持ちにならないのは、匙加減が非常に上手いと感じます。

ともあれ期待通りの面白さで、個人的に、リアルタイムで連載されている長編ストーリー漫画を単行本で追っていきたい、と思ったのはかなり久しぶりのことでした。


※当ブログの関連記事:
コミック「エルフェンリート」の中古本セット(1~12巻)の購入レビューページを作成(2012/05/28)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0