ナローバンドとの付き合いは、まだまだ続きそうである。

 最初は新聞で知ったのだが、松下電器産業が「高速電力線通信(PLC)」用のアダプタを発売するそうである。 

松下電器産業、家庭向け高速PLC製品を12月9日に発売

 私の居住地域では基地局が既に光収容になっており、比較的安価なADSLを引くことができないので、ISDNを使い続けている私には「これを使えば、ウチでもブロードバンド接続ができるのではないか?」と期待を抱かせるものであった。
 しかし、上記リンクの記事を読むと、「なお、PLCは宅内LANの配線に利用するものであり、ADSLやFTTHといったインターネット接続環境は別途必要になる。」との記述が。
 さらに記事内の説明画像を見ると、インターネット接続する場合、あくまでインターネット接続回線は家の外からADSLや光ファイバーで引き込み、そのルーターにこのPLC用アダプタを接続すると、家の中の各部屋にはコンセントがもれなくあるから、コンセントに増設用PLCアダプタを差し込めば簡単にネット接続ができますよ、ということのようである。
 結局私の期待は、賞味1時間ほどで崩れ去ったのである。

 (家庭内LANではなく)一般のインターネット接続回線としてのPLCは欧州では利用されているようであるが、下記リンク先のコラム(ちょっと古い記事ですが)によるとその特性から、かなり使用条件に制約があるようである。

ITmedia ライフスタイル:どう使う? 高速電力線通信

 素人丸出しを承知で上記記事から問題点を抜粋すると、最大の問題は、既存の電灯線(送電される電力も、50Hz・60Hzの周波数を持った信号である)にインターネット接続用の高周波信号を載せた場合、漏洩電磁波の発生が避けられないという点であるようです。
 欧州では電灯線のほとんどが地中配線であるため、比較的電磁波の影響がなく、またPLCの利用は地中配線に限られているそうである。また、同様にPLCが認可されている米国では、軍事施設から半径10キロ以内では使用を自粛しているそうである。
 また、日本国内でPLCを使用した場合、漏洩電磁波がアマチュア無線やケーブルテレビに大きい影響を与える可能性が高いそうである。

 上記の問題点から勝手に考えると、メーカーとしては一般のインターネット接続回線としてPLCを用いることはひとまず置いておいて、家庭内LANに使用目的を絞って、PLCアダプタを売り出そうという考えなのかもしれません。ちなみに、今回発売になるPLCアダプタは、独自の技術「Wavelet OFDM」を採用し、漏洩電磁波による他の機器への影響を低減しているようです。

 ああ、ブロードバンドが使いたいものである(ため息)。光ファイバーは私にはちょっと高いし・・・。

PLC-J 高速電力線通信推進協議会
 

"ナローバンドとの付き合いは、まだまだ続きそうである。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント