エド・はるみの脚に見とれる

2/17(日)の「爆笑レッドカーペット」を思わず見てしまいましたが、トップバッターの山本高広さんの「世界陸上でのハイテンションを謝罪しつつ、北京オリンピックの司会を狙う織田裕二」やら、小島よしおの新ネタ(マリオネットのまね)かと思いきや結局いつもの「そんなの関係ねぇー」やら、なだぎ武さんの「ややこしやー」やら盛りだくさんの内容で、流石に3時間は見ているほうもハードでした。

そんな中、個人的に印象に残ったのは、エド・はるみさんの脚が非常にきれいで、思わず目を奪われてしまいました。
エド・はるみ - Wikipediaを見ると、1964年生まれで身長156cmとのことで、もっと背が高い(170cmぐらい)かと思っていたら、意外と小柄のようです。

ウィキペディアによると、エドさんは元々演劇をやりつつ、マイクロソフト公認の資格(MOT=Microsoft Official Trainer)をとって、コンピューターインストラクターとマナー講師をやっていたが、2004~2005年にお笑いに方向転換したとのこと。
妙に安定感があると思ったら、なんという紆余曲折というのか、何なのか。

それはひとまず置いておいて、エド・はるみさんの芸風は、「グー」を連発するところとか、故・ポール牧さんに近いものがあるように感じられます。

新しい芸人さんのネタをテレビで見るたび思うことですが、「一体なんなんだろう?」という疑問が湧きつつ、脱力してしまいます。

参考:
品川庄司 品川祐blog:ブログ :エドはるみ。
 http://mycasty.jp/shinagawa/html/2007-08/08-22-807262.html

PR:ダイエットと足

"エド・はるみの脚に見とれる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント