テーマ:アニメ

アニメ版「エルフェンリート」の北米版DVDセットのレビューページを作成

今回は、アニメ版「エルフェンリート」の北米版DVDセットのレビューページを作成しました。 ・アニメ「エルフェンリート」のDVDセット(北米版)のレビュー 北米版ということで日本語字幕は収録されていませんが、音声は日本語版もちゃんと入っており、勿論画質もしっかりと視聴できるものでした。 ただ、番外編の第14話は入っていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「銀魂」の木刀が携帯ストラップに

北海道の洞爺湖温泉のお土産品店「越後屋」が、「銀魂」の木刀を模した携帯ストラップを、12月1日から3,000個限定で発売しているそうです。 これは、劇中に出てくる、柄に「洞爺湖」の文字が入った木刀をミニチュアにしたもので、「銀」の字の木彫りプレートもつけられています。 ただ、越後屋店頭のみでの販売となっているのが、ちょっと残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゲド戦記」は意外と面白かった

昨日、テレビで「ゲド戦記」を見ました。 正直、「ゲド戦記」については悪評ばかりを目にしてきたので、ひょっとして目も当てられない出来になっているのでは、と心配しながら見ましたが、私としては、特に訳が判らないところもなく、意外と面白く見られました。 宮崎駿氏の作品よりも、作品世界自体の広がりがあまり感じられず、狭い範囲でストーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマ菌の猛威は凄かった

久々にアニメ「銀魂」を見てみたら、真選組屯所の厠の掃除を巡る騒動の話でした。 そもそも、全体的に夕飯時には全くもってふさわしくない内容でしたが、「仮にタマ菌としましょう」とか、局長がオーム(?)になったときの鳴き声が「コンドオオム!!」だったり、随所に盛り込まれたシモネタに、思わず笑ってしまいました。 (ワンセグの字幕放送で見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「遊戯王GX」が最終回

先日(3/26)、アニメ「遊戯王デュエルモンスターズGX」が最終回を迎えていました。 最後は主人公・遊城十代(ゆうきじゅうだい)が、放送初回に登場したあのキャラクターと「卒業デュエル」を戦っていましたが、結末を描かないところが、視聴者に解釈を任せるというか(気をもませるというか)、なかなか味があるように感じました。 その後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハヤテのごとく!」に心地よさを感じた

昨日(3/23)、最終回直前ということもあり、アニメ「ハヤテのごとく!」を久々に見ました。 ハヤテが進級祝いに時計を渡され「借金があるのにこんな高価なものはいただけない」と遠慮しているとき、ナギがハヤテに正直な思いを伝える場面が、ナギとハヤテの素朴で温かな気持ちが伝わってくるようで、見ていて非常に心地よく感じられました。 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンダム00(ダブルオー)はどうなっていくのか

アニメ「ガンダム00(ダブルオー)」のクライマックスが近いためか、メインキャラが次々と死んでいく怒涛の展開になっていて、目が離せません。 ここ数話での無情とも思えるストーリーからは、果たしてどれだけのキャラクターが生き残るのか、気になるところです。 ガンダム00は2部に分けて放送されるとのことで、3月で終わるのは第1部という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ「アイシールド21」が最終回

水曜日の夜7時にやっていたアニメ「アイシールド21」が、先日最終回を迎えました。 「アイシールド21」は、放送開始が2005年の春だったので、3年にわたって放送していたことになりますが、時の流れは速いものです。 私はアメフトのことはさっぱり知りませんが、「アイシールド21」ではマンガならではの誇張がありつつも、作戦や戦術が凝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「銀魂」の話のひっくり返し具合に参った

3/6のアニメ「銀魂」(ぎんたま)を見てみたら、なにやら惑星の住民が滅亡の危機に瀕して云々かんぬんという、かなりシリアスっぽいストーリーをやっていました。 まあ星海(うみ)坊主のヅラについていろいろあったものの、正直「本当に銀魂か?それとも今日はテレビ番組が変更になったのか?」と思うぐらいシリアスな内容 ・・・でしたが、私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝子の可憐な美少女ぶりに驚く

深夜のテレビアニメ「墓場鬼太郎」の雰囲気がけっこう気に入ったので、毎週見ています。 このアニメは、「ゲゲゲの鬼太郎」より前の、貸本時代の「鬼太郎」を元に作られているとのことで、ダークな雰囲気の中にも、登場キャラクターたちの人間臭い行動や関係など、妙に味がある作品です。 この作品の中で「寝子」というキャラクターが出てきますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「銀玉」を見て思わず笑う

 昨日(10/25)夕方のアニメ「銀玉」(ぎんたま)を見て、久しぶりにテレビアニメで笑ってしまった。  公衆トイレ(本当はちょっと違うが)の個室にトイレットペーパーが無い、というだけの話で、あそこまで広げるというのは、かなり意表を突かれて面白かった。   グルメマンガで大げさに美味しさの表現をするやつの、ちょうどテーマが正反対な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「天元突破グレンラガン」が最終回

 毎週日曜日の朝に放送していたアニメ「天元突破グレンラガン」の最終回を見た。  個人的には、一悶着ある話が結構好きなので、アンチスパイラルの話になってから特に面白く、楽しんで見ていた。  生き残った者と死んでいった者・残った者と去り行く者の対比、また見慣れたキャラクターに月日の流れを見るのは、アニメ作品とはいっても(最終回で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ「妖逆門」(ばけぎゃもん)が最終回

 以前からちょくちょく見てきた、月曜6時からのアニメ「妖逆門」(ばけぎゃもん)が最終回を迎えた。  個人的にはこのアニメ「妖逆門」は、特に終盤になるにつれて登場人物の影の部分があらわになってきて、気になったので、録画するなどしてできるだけ欠かさず見てきた。まあ基本的には子供向けの内容のアニメだとは思うんですけど。  ただ、やはり最終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サムライ達の行く末は何処か。

 アニメ「サムライ7」の最終回を見た。  今年の春に、新聞のテレビ欄の下に紹介文が載っていたのをたまたま見たのがきっかけで、毎回見るようになった。  この作品は、黒澤明監督の「七人の侍」をモチーフにしたSFアクションで、優れた機械文明と文明の匂いを感じさせない農村世界が共存する世界で物語が展開するものである。  最終回を見て、非常…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more