テーマ:リサイクル

家畜飼料の地産地消?

北海道十勝管内で昨年から、農業廃棄物を家畜の飼料に活用する動きが出ているそうです。 これは、規格外ニンジンをサイレージ(発酵飼料)にしたり、澱粉工場から出るでんぷんかすを家畜飼料に用いるもので、現在価格が高騰している輸入飼料よりも安価で、栄養価も高いとのこと。 地元で出る農業廃棄物を地元で家畜の飼料に使えるのなら、海外からわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木の廃材からバイオガスを生産する取り組み

オーストリア・グッシング町では、「ポリジェネレーション」という、間伐材・廃棄木材からメタンガスを取り出し、発電に用いる発電所が実用化されていますが、今度は廃棄木片からバイオガスを作り出す試みが行われるそうです。 この試みでは、「ポリジェネレーション」の方法で生産するメタンガスを、自動車用バイオガスに精製しなおすもので、2年後には天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライムケーキが原料の消石灰がごみ焼却煙の有害物質除去に有効

北海道立工業試験場などの研究グループがライムケーキから作った消石灰が、ごみ焼却炉の排煙に含まれる有害物質を、市販の同用途の消石灰よりも有害ガスの吸着率が高いことが判ったとのこと。 実際に、ごみ焼却炉から出る排煙の有害ガス(酸性ガス)除去で、市販の消石灰とライムケーキ製消石灰の両方を使用して効果を比較したところ、塩化水素は市販の消石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じゃがいもの皮などで作ったシートで磯焼けを防止する事業

国土交通省北海道局が2009年度から、じゃがいもの皮など道内の農業廃棄物から磯焼け防止用シートを作り、北海道沿岸での磯焼け防止事業に取り組む方針とのこと。 この事業では、北海道の農産加工品製造過程で排出される廃棄物などで生分解性素材をつくり、それを磯焼け防止シートの素材に用いる構想だそうです。 また生分解性素材を、農業用資材…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

携帯電話のリサイクル(再資源化)台数が減少傾向

再資源化にまわる古い携帯電話端末の台数が近年減少していて、2007年度の携帯電話端末のリサイクル台数は約644万台と、2001年度(平成13年度)の約1300万台の約半分まで落ち込んでいるとのことです。 電気通信事業者協会などの調べ等によると、これには、思い入れのある端末を手元に残したかったり、目覚し時計やデジカメとして活用、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普通の家庭ごみからバイオエタノールを生産?

イギリスの化学大手・イネオス社が、都市ごみからバイオエタノールを生産する事業を、2年以内に商用化する計画だと発表したとのこと。 イネオス社のプレスリリースや日本でのニュース記事などを読むと、どうやら一般的な家庭ごみ(紙や生ごみ、プラスチックなど)を原料として使用できる・・・ような雰囲気です。 (※正確には確認していません。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃船解体作業を、途上国から北海道・室蘭に移す試み

現在は発展途上国に集中している世界の廃船解体作業を、北海道の室蘭でリサイクル事業化する取り組みが始まっているそうです。 人件費が安いことから、バングラディシュ等に世界の90%の廃船解体作業が集まっていますが、アスベストの飛散や廃油処理に対策がなされていないなど、労働者の安全、また環境への影響についてはかなり悪い状況とのこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂糖作りの廃棄物が肥料になる?

北海道・十勝の企業が、てんさい(ビート)から砂糖を作る過程で出る廃棄物「ライムケーキ」を原料とした土壌改良剤「粒状ライム」を開発したとのこと。 これは粉末状のライムケーキを、散布時にムラが出ないよう粒状にしたもので、価格は石灰資材より4割ほど安く、またアルカリ分のほかに窒素・リン酸・カリ等といった肥料分も含んでいるそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラスチックごみが石油製品に生まれ変わる?

ジャパンエナジー(JOMO)が7月から、札幌のプラスチックリサイクル企業と共同で、廃プラスチックを石油製品にリサイクルする事業を開始したとのこと。 このリサイクル事業では、「札幌プラスチックリサイクル」が廃プラスチックから「廃プラ油」を生産し、その一部をジャパンエナジーの設備で石油製品にリサイクルするそうです。 ただ、原料は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手のビールメーカーが、バイオエタノール製造に関わっているとのこと

ビールの有名大手メーカーが、バイオエタノール製造事業に積極的に関わっているそうです。 例えばアサヒビールは、沖縄で高バイオマスさとうきびの絞りかすからバイオエタノールを製造する実証試験を行っているとのこと。 キリンビールは、北海道の清水町に建設されるバイオエタノール製造プラントの建設を受注し、現在効率的な製造方法を研究してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のスーパーが、店頭で天ぷら油を回収

北海道の大手スーパー「ラルズ」が、札幌市内の一部店舗で、店頭に廃食油の回収ボックスを設置し、一般家庭から出る使用済み天ぷら油を回収しているとのこと。 この回収した廃食油をバイオディーゼル燃料に精製して、自社が行っている生ごみリサイクルの運搬車に使用するそうです。 正直「ラルズ」は、私も少なからず馴染みがあるので、意外と身近で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天ぷら油からバイオディーゼル燃料を作る取り組みが盛んらしい

ネットで調べてみると、天ぷら油などの使用済み食用油(廃食油)からバイオディーゼル燃料を作る取り組みが、企業や地方自治体などによって、けっこう盛んに行われているようです。 私が少し調べただけでも、奈良県の「菜の花・バイオマスプロジェクト会議」、企業では滋賀県の「油藤商事」、京都市の「レボインターナショナル」、三重県「アンジェロ」、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more