テーマ:省エネ

単3形「エネロング」の4本セット・プラケース付きのレビューページを作成

今回は、ニッケル水素電池「エネロング」の単3形4本セット(プラケース付き)のレビューページを作成しました。 ・単3形「enelong」4本セット・プラケース付きのレビュー ケース自体はコンパクトで安価なものですが、 ・同種ケースと連結できる構造 ・中の電池をしっかりパーティションできる ・単4形電池も収納できる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンウッドのカセットガスヒーター「GCP-220」のページを作成

今回は、グリーンウッド社のカセットガス式小型ヒーター「GCP-220」についてのページを作成しました。 ・グリーンウッドのカセットガス式小型ヒーター「GCP-220」の口コミ、販売価格 現在の販売価格は約17,000円と、同じく屋内使用が可能なイワタニの「CB-STV-1」より高いですが、購入者レビューでは全体として好評価が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カセットボンベ式小型ヒーター「ガスピア PGH-2000」のページを作成

今回は、小型ヒーター「ガスピア PGH-2000」についてのページを作成しました。 ・屋外用のカセットボンベ式小型ヒーター「ガスピア PGH-2000」の口コミ、販売価格 これはカセットガスボンベを燃料に用いる屋外専用のヒーターで、購入者レビューでは全体として良い評価を受けている製品ですが、その分、楽天・アマゾン・Yahoo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Colemanの「ソーラー発電キット」のページを作成

今回は、Colemanの「ソーラー発電キット」についてのページを作成しました。 ・Colemanの「ソーラー発電キット」の口コミ、販売価格 著名なアウトドアメーカーによる独立電源の一式セットということで、個人的にも以前から興味はあったものの、価格が高いのでちょっと手が出せないと感じていましたが、今回は最も安いショップで約4万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Looop社の「DIYソーラーパネルセット」のページを作成

今回は、Looop社が発売している独立電源のセット商品「DIYソーラーパネルセット」についてのページを作成しました。 ・Looopの「DIYソーラーパネルセット エントリーモデル」の口コミ、販売価格 ・Looopの「DIYソーラーパネルセット ミドルモデル」の口コミ、販売価格 ・Looopの「DIYソーラーパネルセット ハイエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特製カイロ用エビスベンヂンのレビューページを作成

今回は、「恵比須薬品化工」社製のカイロ用ベンジンのレビューページを作成しました。 ・「特製カイロ用エビスベンヂン」のレビュー 白金触媒カイロ用のベンジンの購入は、これで4種類目となりますが、今回の「エビスベンヂン」は持続時間こそハクキンカイロの純正ベンジンに及ばないものの、火付きの良さや発熱の高さ・持続能力は、あまり遜色が無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニッケル水素電池「enelong」(単3型、4本組)のレビューページを作成

今回は、ニッケル水素電池「enelong」(単3型)のレビューページを作成しました。 ・ニッケル水素電池「enelong」(単3型、4本組)のレビュー この商品は、エネループやソニーの「サイクルエナジー」より価格が安めで、かつ容量がちょっと大きい(2,100mAh)ので、以前から「機会があったら購入してみたい」と思っており、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハクキンカイロ専用ベンジン」のページを作成

今回は、「ハクキンカイロ専用ベンジン」についてのページを作成しました。 ・「ハクキンカイロ専用ベンジン」のレビュー 純正ベンジンを使うのは今回が初ですが、 ・発熱の立ち上がりの早さ(10~20分で十分熱くなる) ・発熱の安定さ(時間経過に伴う熱さの変化があまり感じられない) ・発熱持続時間の長さ(ハクキンカイロの注…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカビシ化学「カイロ用NTベンジン」のレビューページを作成

今回は、タカビシ化学の「カイロ用NTベンジン」のレビューページを作成しました。 ・タカビシ化学の「カイロ用NTベンジン」のレビュー 購入価格は、前回使用した奥田薬品の「特製カイロ用ベンジン」より200円ほど高かったですが、そのぶん発熱の持続時間は、ハクキンカイロPEACOCKの付属カップ1杯で(私が試した限りでは)9~10時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥田薬品の「特製カイロ用ベンジン」のレビューページを作成

今回は、奥田薬品の「特製カイロ用ベンジン」のレビューページを作成しました。 ・奥田薬品の「特製カイロ用ベンジン」のレビュー 先月購入した「ハクキンカイロ Peacock」で約1ヶ月使ってきましたが、発熱時間がカイロの説明書に記載されている時間よりは短いものの、十分な発熱や蓋の密閉の確かさ、また価格の安さ(楽天市場やYahoo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニーの家庭用小型蓄電池「サイクルエナジー CP-S300」のページを作成

今回は、ソニーのホームエネルギーサーバー「サイクルエナジー CP-S300」についてのページを作成しました。 ・ソニーのホームエネルギーサーバー「サイクルエナジー CP-S300E(50Hz地域用)」の販売価格など ・ソニーのホームエネルギーサーバー「サイクルエナジー CP-S300W(60Hz地域用)」の販売価格など 発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハクキンカイロ Peacock」のレビューページを作成

今回は、「ハクキンカイロ Peacock」のレビューページを作成しました。 ・「ハクキンカイロ Peacock」のレビュー 以前に読んだ書籍「「愉しい非電化」の中で紹介されていたのが印象に残っており、今回購入してみたものです。 ベ触媒の丁度良い加熱時間や、ンジンの量と発熱の持続時間の関係を掴むのにちょっと慣れが要ります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お風呂保温器・湯たんぽ「エコポカ・バス」のページを作成

今回は、お風呂保温器・湯たんぽの「エコポカ・バス」についてのページを作成しました。 ・電子レンジ加熱式のお風呂保温器・兼湯たんぽ「エコポカ・バス」の口コミ、販売価格 楽天市場とYahoo!ショッピングでの取り扱いショップは100店以上、またamazon.co.jpでも販売ページが5つ存在しているという状況で、人気が高い商品で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワタニ製の屋内用カセットガスストーブ「CB-STV-1」のページを作成

今回は、イワタニ製の屋内用カセットガスストーブ「CB-STV-1」についてのページを作成しました。 ・イワタニの屋内用「カセットガスストーブ CB-STV-1」の販売価格など 先日調べた「ガスピア PGH-1000」は屋外専用だったので、同じカセットガス使用の小型暖房器でも、今回のイワタニ「CB-STV-1」が屋内用となって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌時計台の展示照明がLED化

北海道の札幌時計台の内部展示に使われている照明がLED化されたとのこと。 従来使用されていたハロゲンランプでは、照明の交換が1年半に1回必要でしたが、LED化によって、10年以上交換が必要なくなるため、照明交換費用と電気料金を、年間で20万9000円削減できるとのことです。 年間20万円以上の経費削減ができるというのは、LE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済産業省が電気自動車などの普及を支援する方針

経済産業省が、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(pHV)、クリーンディーゼル車といったエコカーの普及を支援するとのこと。 EVとpHVについては、自動車業界の関係者たちと協力で「EV・pHVタウン構想」をまとめ、国内で2・3ヶ所モデル地区を選定して、電気自動車などの普及促進策を実施するそうです。 またクリーンディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の冷熱エネルギーを積極的に活用する沼田町

北海道空知管内の沼田町では、冬に大量に降る雪を、春~秋に冷熱エネルギー源として活用する研究・取り組みを続けているそうです。 同町では、12年前に米の貯蔵庫「スノークールライスファクトリー」を建設し、ブランド米「雪中米」を販売。 また今年の春には、沼田工業団地の隣に「沼田式雪山センター」を造成し、5000トンの雪(※最大貯雪量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普通の家庭ごみからバイオエタノールを生産?

イギリスの化学大手・イネオス社が、都市ごみからバイオエタノールを生産する事業を、2年以内に商用化する計画だと発表したとのこと。 イネオス社のプレスリリースや日本でのニュース記事などを読むと、どうやら一般的な家庭ごみ(紙や生ごみ、プラスチックなど)を原料として使用できる・・・ような雰囲気です。 (※正確には確認していません。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家畜の排泄物を資源として利用する取り組み

北海道の鹿追町で、家畜のふん尿からバイオガスや肥料を生産する取り組みが行われているそうです。 同町のバイオガスプラントでは、14戸の酪農家から1日60トンの乳牛の排泄物を集め、バイオガスを発生させて発電を行っているとのこと。 その発電能力は1日に最大4000kWhにのぼり、施設の消費電力をまかない、さらに余った分を売電してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオガスをボンベに充填、普及が進むきっかけになるか?

北海道で、家畜の糞尿などから作られるバイオガスを濃縮し、ボンベに詰めて工場で利用する実証実験が行われているそうです。 バイオガスは、牧場のプラントで食品廃棄物や家畜のふん尿を発酵させて作られますが、メタン濃度が低いことから、使用には専用のボイラーが必要であり、牧場内のみの使用に限られてきたとのこと。 しかし今回の実証実験では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪や氷が冷房に利用できる?

冬の間に貯めた雪や氷を、夏の冷房に活用する試みが、日本各地で行われているようです。 例えば北海道では、20年以上前から、冬の冷気で作った氷を冷房・冷蔵に利用する「アイスシェルター」を手がけている企業があります。 また冬に山積みした雪山から溶け出る雪解け水で、地表に埋めたパイプを冷却し、そのパイプ内の冷気を建物の冷房に使う研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天ぷら油からバイオディーゼル燃料を作る取り組みが盛んらしい

ネットで調べてみると、天ぷら油などの使用済み食用油(廃食油)からバイオディーゼル燃料を作る取り組みが、企業や地方自治体などによって、けっこう盛んに行われているようです。 私が少し調べただけでも、奈良県の「菜の花・バイオマスプロジェクト会議」、企業では滋賀県の「油藤商事」、京都市の「レボインターナショナル」、三重県「アンジェロ」、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気モータとディーゼルで走る「モータ・アシスト式ハイブリッド車両」

JR北海道が、電気モーターとディーゼルエンジンを併用する鉄道車両「モータ・アシスト式ハイブリッド車両」の試験車両を開発し、現在試験運行を行っているそうです。 始動時には電気モーターのみを使うということで、駆動音が相当静かだそうなので、実用化はいつかはわかりませんが、実際に乗って体感してみたいものです。 それにしても、JR北海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型DMV(デュアルモードビークル)は28人乗り

洞爺湖サミットに向けて、JR北海道が開発していた新型DMVが、7月4日から洞爺湖半でデモ走行を開始しているとのこと。 また7月半ばからは、一般向け試乗会も実施されるそうです。 今回のDMVは、今までより定員が大幅に増えて28人となっているなど、かなり改良がされているようです。 ローカル線対策として開発されたDMVですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洞爺湖サミットにエコカーが集結

7月に北海道洞爺湖町で開催される「洞爺湖サミット」で、電気自動車や燃料電池車、水素自動車等のいわゆるエコカーが、いろいろな自動車メーカーから提供されるそうです。 具体的には、 ・トヨタ:FCHV-adv(燃料電池車) ・ホンダ:FCXクラリティ(燃料電池車) ・三菱自動車:i MiEV(電気自動車) ・富士重工業:スバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽光発電の設置にかかる費用が半額になる?

首相の「福田ビジョン」を受けて、家庭での太陽光発電設置費用を半額まで低減する取り組みが始まっているそうです。 現在は1戸当たり(3kW)の太陽光発電設備の設置費用は約230万円ですが、これを3から5年のうちに、補助金や税制上の優遇措置などにより、約110万円まで下げる目標とのこと。 太陽光エネルギーをより身近で活用できるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃料電池車の量産化・普及はいつになるか?

燃料電池車は走行中のCO2排出がゼロで、「究極のエコカー」と呼ばれているそうですが、製造コストがべらぼうに高い(確か1億以上はする)のがネックだと聞いたことがあります。 しかし、ホンダとトヨタが、コスト削減など、燃料電池車の量産化を目指しているそうです。 ホンダは量産化を視野に入れて製造コストを下げた「FCXクラリティ」を年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪や氷でデータセンターのサーバーを冷やす研究

北海道で、冬に貯めた雪や氷をデータセンターのサーバー冷却に利用するという研究が始まっているとのこと。 データセンターでは、サーバーの冷却に4割以上の電力を消費しているそうで、また日本全体の電力消費量では約5%(2006年)を占めているとのこと。 今後は高速回線が普及するのに伴い、その電力消費はさらに増えると予測されていること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more